フィリピン・アリーナの行き方

フィリピン・アリーナ(Philippine Arena)は、55,000人を収容できる世界最大規模のイベント施設です。さらに、20,000席を有するフィリピン・スポーツ・スタジアム(Philippine Sports Stadium)が隣接しています。

いずれの施設も競技場にとどまらず、コンサートやイベント会場としても活用されています。近年では、様々なアーティスが公演しており、Katy PerryやBruno Marsをはじめ、Seventeen、Tomorrow X Together、Blackpink、Twiceなどの人気K-POPアイドルのコンサートが開催されています。

この記事では、フィリピン・アリーナ(フィリピン・スポーツ・スタジアム)の行き方を紹介いたします。フィリピンと日本では、交通事情が全く異なります。行きの移動手段だけでなく、帰りの移動手段も確保する必要があります。

フィリピン・アリーナの場所

フィリピン・アリーナは、マニラ首都圏の北約30km、ブラカン州ボカウェ、サンタマリア両町にまたがるシゥダッド・デ・ビクトリアに位置します。地図上からでもわかるように、隣にはフィリピン・スポーツ・スタジアムが隣接しています。

フィリピン・スポーツ・スタジアムの行き方

ニノイ・アキノ国際空港からは、渋滞が全く無ければ車で約1時間ほどの距離になります。コンサートなどイベントがある場合は、会場周辺で大変混み合い、駐車場に入るまでに1〜2時間かかることも珍しくありません。また、帰りも同様に55,000人が一斉に人が移動しますので、マニラの帰着が深夜1時や2時になることもあります。

フィリピン・アリーナの行き方

ここでは公共交通機関、シャトルバス、運転手付レンタカーを使った行き方をご紹介します。コンサートやイベント開催当日は周辺道路で大渋滞が発生するのが常となっています。会場には時間に余裕をもって向かいましょう。

1. 公共交通機関

フィリピン・アリーナへ、公共交通機関バスで移動

フィリピンアリーナに直接向かうことができる公共交通機関は、2024年現在ありません。マニラでタクシーを捕まえて、交渉次第でアリーナに行くことも可能ですが、帰りは流しのタクシーはないうえ、運よく見つけられたとしても55,000人が一斉に帰るため、捕まることはほぼ不可能です。また、コンサートも夜遅くに終わり深夜の行動となるため、特に女性の旅行者にとっては安全ではありません。

その他、いくつかの方法がありますが、基本的にはすべてブラカン州ボカウェ町行きのバスに乗り、降車場所からトライシクルと呼ばれる三輪タクシーに乗ってアリーナまで行く方法です。コンサートなどの混雑時やフィリピン初心者の方には、あまりオススメできません。

バスのフロントガラスに張り出されている行き先をよく確認して乗り、車掌にフィリピンアリーナに行きたい旨を伝え、降車位置に到着したら教えてほしいと依頼します。車掌が忘れてしまわないよう、席が空いていれば、乗降口の近く、運転手や車掌に声をかけやすい位置に座ることをおすすめします。降ろされた場所の近くにはトライシクルの列がありますので、トライシクルの運転手にフィリピンアリーナと伝え、会場に向かいます。外国人だとすぐに分かる場合は、トライシクルの運転手が法外な料金を要求する場合もあり、言語や交渉に慣れていない場合は、苦労する可能性もあります。

ボカウェ町行きのバスが出ている代表的な場所は以下の通りです:

  • 首都圏ケソン市クバオ地区バスターミナル:行き先看板は「BOCAUE EXIT」が掲げてあるバス
  • 首都圏ケソン市の大型就業施設SMノース・エドサ(North Edsa)やトライノーマ(TriNoma)のバスターミナル:行き先看板は「BOCAUE BULACAN」あるいは「STA. MARIA BULACAN」

2. シャトルバス

フィリピンアリーナへシャトルバスで移動

フィリピンアリーナで開催されるコンサートやイベントの主催・運営会社が当日に限って運行するシャトルバスもあります。こちらはチケットを持っている人のみ対象で、チケットを購入したウェブサイトや、主催・運営会社が指定するウェブサイトで購入することができます。無料で運行されている場合も稀にありますが、概ね場所によって往復450~1,000ペソ(1000〜2700円ほど)かかります。

バスはイベント開催時間の前後に、決められた乗降ポイントとアリーナを往復します。乗降ポイントと運行スケジュールは、主催・運営会社が事前に決めSNSなどでアナウンスされます。過去の例では、パサイ市のSMモール・オブ・アジア(Mall of Asia)や、ケソン市のベルティス・ノース(Vertis North)、タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティ(Bonifacio Global City)などがポイントになっています。

バスチケットの購入や乗降ポイントまでは自力で行く必要がありますが、公共交通機関よりは安心、安全、時間が読みやすいというメリットがあります。ローカルのフィリピン人やフィリピン在住の日本人であれば、土地勘もあるので利用しやすいですが、移動や混雑などもあるので日本人旅行者にとっては難易度が高いです。

コンサートは夜遅くに終わることが多く、帰りは55,000人が移動するため大渋滞になります。マニラの下車ポイントには深夜の到着になりますので、そこからさらにホテルまでの移動手段を別途確保する必要があります。バスに同乗する他の乗客も一斉にタクシーを捕まえようとするので、深夜の帰り道は気をつけなければなりません。

3. 運転手付レンタカー

車で行く場合は、首都圏とその北方を結ぶ北部ルソン高速道路(North Luzon Expressway)、通称NLEXを通ります。現地在住の方は、基本的に自家用車かレンタカーでの移動が主流ですが、コンサートに行く日本人旅行者の多くは運転手付レンタカーを利用します。現地のフィリピン人も利用するため、1ヶ月前から予約が埋まりはじめ、1週間前には売り切れることが多いです。早めに予約をしましょう。

運転手付レンタカーは、運転手と車を1日貸し切るサービスで、ホテルまで迎えに来てくれるので、そのまま乗るだけです。運転手が会場へ送り届け(途中、寄り道も可能です。)、コンサート中もお客様が戻られるまで駐車場で待機しています。往復の移動も車と合流さえできれば、深夜になっても、面倒なことを考えず安心してコンサートを楽しめます。

弊社では、運転手付レンタカーをご提供しており、フィリピンに旅行や出張で来られるたくさんのお客様からご愛顧いただいております。フィリピン・アリーナ、フィリピン・スポーツ・スタジアムでのコンサートでは、親子から友人、推し仲間など毎度、何十組ものお客様を送迎しております。

大好きなアイドルのコンサートのために、遥々フィリピンまで来られるのですから、安心してコンサートを楽しんでいただき、素敵な思い出を胸にご帰国いただければ幸いです。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【株式会社吉野家ホールディングス様】マニラでのレンタカー利用

  2. 【Abema TV様】マニラでの撮影で2日間ご利用いただきました

  3. 【10代女性2名 N様】TOMORROW X TOGETHERライブ

  4. 【女性2名 I様】「マニラ女子旅3日間」K-POPコンサートへ

  1. 【10代女性2名 N様】TOMORROW X TOGETHERライブ

  2. 【公益社団法人国際厚生事業団様】マニラからラグナ・バタンガス2日間のご利用

  3. 【女性親子 Y様】フィリピン・アリーナ、SEVENTEENコンサートへ!

  4. 【Sustena Inc. A様】マニラ・ラグーナでのご移動

配車エリア

TOP
お見積・ご予約 0120-963-217 すぐ返信